1917 命をかけた伝令

 もっと戦場を駆け抜ける場面が多いのかなと思っていたが、落ち着いた場面が多かった。細かい人間関係をゆっくり描いている。最後のほうのD連隊が突撃の前に歌を聴いているシーンや、突撃してる最中に走っていくシーンなどは感動的だが、とはいえそういうシーンはあまり少なくて、全体として地味な映画だと思う。

 ワンショットであるようにみえるカメラは確かに面白い。最初のほうは多くは人物がカメラに迫ってくるシーンで人物をアップして視界を狭く描いて、時々カメラが人物を追っていくになって場面を広く写して、という対照がおもしろくて良いなと思っていたが、途中からよくわからなくなってしまった。特に冒頭は面白くて、最初は落ち着いた平野から写して、主人公がカメラに迫って移動してくるにつれてだんだん塹壕になって、どんどん塹壕が深くなっていって、という展開は塹壕戦の導入の仕方としてとても面白かったと思う。この映画は最後も平野で休んでいるところで終わるので、最初と最後がうまく対応している。

 かなり暗いシーンが多いので、家のテレビでみると全然よくわからないシーンが多いという洋画あるあるだと思う。夜の市街地のシーンとかはなんか神々しいし、BGMもなんか神妙な感じで良い雰囲気だが、とはいえ全体としてはそういう描き方が続くわけじゃないしなんか中途半端に感じた。

 ダンケルクみたいな映画で思ったよりは面白くなかったというのが正直なところだが、それでも戦争映画はやっぱり面白いし、塹壕戦の雰囲気がそれなりに伝わってきてよかった。でもこのストーリーは(ドイツがより守備しやすい戦線で戦うためにわざと交代したという歴史はあるようだが)基本的には全てフィクションなようだし、軍事的にも納得しがたいところはあるようだし、あまり感じ入れるものではなかった。